投資

暂无详细介绍

·

イーサリアムはテクノロジーの挑戦か、価値の保存手段か?【CoinDesk Research:3月号】

価値の保存手段としてのビットコイン(BTC)の役割は、今となっては広く知られている。 過去に例のない金融緩和で「カネ余り」の状態が続くなか、ファンドマネージャーは、供給量の上限が定まっているビットコインを投資ポートフォリオに組み入れ、企業は資産の1つとして保有する動きを加速させている。 イーサリアム(ETH)はどうだろうか? ビットコインと同じ状況にあるだろうか? 関心と価格が高まるイーサリアム
イーサリアムはテクノロジーの挑戦か、価値の保存手段か?【CoinDesk Research:3月号】
·

ビットコイン、供給不足──機関投資家の参入が拍車:データ

400万ビットコイン──現在流通しているビットコインの量だ。過去1年で、毎月少しずつ減少している。 この数量はブロックチェーンのデータを分析しているグラスノード(Glassnode)が推計したものだ。ビットコインへの投資を始めた機関投資家が増えるにつれて、売買可能なビットコインは減少し、価格上昇につながっている可能性がある。 グラスノードによると、直前の30日間における流通量の変化を示すビットコイ
ビットコイン、供給不足──機関投資家の参入が拍車:データ
·

LINE証券がマネフォMEとAPI連携、auカブコムが投信SNSをスタート──2/20~2/26の投資ニュース

三菱UFJ銀行、アプリやWebで完結する投資一任型サービス「Mirai Value」開始 三菱UFJ銀行は2月22日、投資一任型サービス「Mirai Value」(ミライバリュー)を提供開始したと発表した。既に2月8日から三菱UFJモルガン・スタンレー証券で提供されていた。 ミライバリューでは、利用者がアプリやWeb上で簡単な質問に答えると運用方針を決定し、リスク特性診断の結果に応じたポートフォリ
LINE証券がマネフォMEとAPI連携、auカブコムが投信SNSをスタート──2/20~2/26の投資ニュース
·

KPMG、機関投資家向け新サービスを発表──暗号資産企業2社と提携

世界4大会計事務所の1つのKPMGは、ビットゴー(BitGo)とコインメトリクス(Coin Metrics)と共同で機関投資家をターゲットにした暗号資産(仮想通貨)領域の新サービスを始める。 3社が18日に発表した内容によると、新サービスは、KPMGの暗号資産マネジメントツール「Chain Fusion」と、ビットゴーのカストディ(保管・管理)技術、コインメトリクスのデータ・情報製品を「統合したサ
KPMG、機関投資家向け新サービスを発表──暗号資産企業2社と提携
·

PayPay証券が50銘柄追加、SMBC日興証券はETFを16本追加ほか──2/13~2/19の投資ニュース

リターンなければ費用なし、完全成果報酬型の資産運用サービス公開 完全成果報酬型の資産運用サービスが2月16日、公開された。自動の資産運用サービスではロボアドが人気だが、この場合、運用成果にかかわらず費用が発生する。新たに発表されたサービスは、運用資産の過去最高評価額を更新した時のみ成果報酬が発生する仕組みだという。 公開されたサービス名はSUSTEN(サステン)。運営する株式会社sustenキャピ
PayPay証券が50銘柄追加、SMBC日興証券はETFを16本追加ほか──2/13~2/19の投資ニュース
·

ビットコインETF・元年の到来か、それとも時期尚早か

ビットコインETF(上場投資信託)の申請が最後にピークを迎えた2018年以降、市場は成熟している。 ゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)氏が米証券取引委員会(SEC)委員長に指名され、カナダでは世界初となるビットコインETFが承認された。米国は今年、ビットコインETFを受け入れるだろうか?注目が集まる。 カナダのオンタリオ証券委員会が北米で初めてビットコインETFを承認したという大きな
ビットコインETF・元年の到来か、それとも時期尚早か
·

ビットコインが週明けに急落した3つの理由──予測のカギとなる指標

ビットコインは今月15日、5万ドルを超えると思われた直後に値を大きく下げた。価格下落の背景に、3つの要因がありそうだ。 CoinDesk 20のデータによると、暗号資産のビットコインは15日午前(アジア時間)、4万9000ドル近辺から4万5926ドルまで下落した。機関投資家の参入が相次いだことで、市場に楽観的な見方が広がり、新たな史上最高値の更新も目前と思われていたため、多くの投資家を驚かせた。
ビットコインが週明けに急落した3つの理由──予測のカギとなる指標
·

スマホ証券は若い男性に人気、2月13日は「NISAの日」NISA利用者は少額積み立ての傾向──2/6~2/12の投資ニュース

スマホ証券は若年層の男性に人気の傾向──マイボイスコム調査 マイボイスコムによる「スマホ証券に関するアンケート調査」の結果が2月8日に発表され、直近1年間でスマホ証券での取引をしたと回答した人は5.0%、今後スマホ証券を利用したいと回答した人は15.6%で、特に10代から30代男性の利用意向が高いことが分かった。 調査は10代から70代の男女1万15人を対象に、1月1日から1月5日までインターネッ
スマホ証券は若い男性に人気、2月13日は「NISAの日」NISA利用者は少額積み立ての傾向──2/6~2/12の投資ニュース
·

米BlockFi、ビットコインファンドを開始──北米で激化する暗号資産運用をめぐる競争

暗号資産(仮想通貨)の金融サービスを手がける米ブロックファイ(BlockFi)が、ビットコインから派生する投資商品(ビットコイン・トラスト)の運営を開始した。北米では機関投資家がビットコインの現物を保有せずに投資できるファンドの組成が進んでいるが、早くも暗号資産の資産運用業界における競争が激化しそうだ。 ブロックファイのビットコイン・トラストの信託報酬は1.75%で、これまで運用資産残高を拡大して
米BlockFi、ビットコインファンドを開始──北米で激化する暗号資産運用をめぐる競争
·

グレイスケールは新規投資信託提供予定!AAVE、ATOMなどDeFi銘柄が急騰

27日にデラウェア州に提出された書類によると、世界最大の仮想通貨資産運用会社であるグレイスケールが、分散型金融銘柄の投資信託を提供する予定だという。
グレイスケールは新規投資信託提供予定!AAVE、ATOMなどDeFi銘柄が急騰
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android