日本

暂无详细介绍

·

金融庁:2社が暗号資産交換業者に登録

金融庁は17日、新たに2社が暗号資産(仮想通貨)交換業者として登録したと発表した。 発表によると、登録したのはデジタルアセットマーケッツ(本社・東京千代田区)で、ビットコイン(BTC)を主に取り扱う。 もう一社はマーキュリー(本社・東京世田谷区)で、扱う暗号資産は、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)。 マーキュリーの親
金融庁:2社が暗号資産交換業者に登録
·

一般個人向けの日本円ステーブルコインJPYC、本日より正式に発行や販売を開始へ

日本暗号資産市場株式会社は昨年12月に一般個人向けの日本円ステーブルコインである「JPYC(JPYCoin)」を発行する予定されたが、2021年1月27日にはJPYCの発行・販売を正式に開始したことが発表された。
一般個人向けの日本円ステーブルコインJPYC、本日より正式に発行や販売を開始へ
·

22年春に、日本銀行はCBDCプロジェクトの第2段階へ移行する?

最近、産経新聞の報道によると、22年春に、日本銀行はCBDCプロジェクトの第2段階へ移行することに自信を持っていると伝えた。第2段階ではCBDCの機能や、フローの規制方法、オフラインや通信障害時の使用の可否などに着手するという。
22年春に、日本銀行はCBDCプロジェクトの第2段階へ移行する?
·

日本市場向けセキュリティトークンプラットフォームの実現へ Securitize Japan&NTTデータ

株式や債券、不動産などの証券をトークン化して発行・管理するプラットフォームを開発すSecuritize Japanは、12月11日に、日本市場向けセキュリティトークンプラットフォームの実現に向けて「NTTデータ」との協業を開始したことが発表された。
日本市場向けセキュリティトークンプラットフォームの実現へ Securitize Japan&NTTデータ
·

日本セキュリティトークン協会、セキュリティトークン関連企業STMと提携へ

11月25日、日本セキュリティトークン協会(JSTA)はセキュリティトークン関連情報データベースを運営している企業「Security Token Market(STM)」と提携していることが発表された。
日本セキュリティトークン協会、セキュリティトークン関連企業STMと提携へ
·

実用化予定!2022年に日本の民間デジタル通貨は発行可能、30社超が協業

日経新聞の報道によると、3メガバンクやNTTグループなど30社超が協業し、2022年にもデジタル通貨の共通基盤を実用化することを進んでいることが分かった。
実用化予定!2022年に日本の民間デジタル通貨は発行可能、30社超が協業
·

元日銀官僚:日本のCBDCを発行するまで、数年かかる可能

日本銀行の元官僚である山岡浩巳氏は、日本が中央銀行デジタル通貨を発行するのにまだ数年もかかるかもしれないと考えられている。
元日銀官僚:日本のCBDCを発行するまで、数年かかる可能
·

日本政府、新組織「デジタル庁」が21年9月に発足するように調整中 

日本政府が、行政のデジタル化を推進するための新組織「デジタル庁」を2021年9月に発足させるように調整していることが明らかになった。
日本政府、新組織「デジタル庁」が21年9月に発足するように調整中 
·

ビットコインがルーブル建てで過去最高を更新し、日本円も期待?

6日に、仮想通貨ビットコインは150万円を突破しているが業界で大きな話題になった。同日、ビットコインがロシアの法定通貨ルーブル建てで過去最高を更新した。
ビットコインがルーブル建てで過去最高を更新し、日本円も期待?
·

米最大暗号資産取引所コインベース、日本への進出は決定か?

11月5日、大手暗号通貨取引所であるコインベースのCEOであるBrian Armstrong氏は、「コインベースが日本に事業展開を決定する」と自分のTeitterに書かれている。また、コインベースのウェーブサイトに求人情報を添付した。
米最大暗号資産取引所コインベース、日本への進出は決定か?
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android