暗号資産

暂无详细介绍

·

銀行勤務の技術系社員はビットコインを信頼:米国のアンケート調査

技術系専門職を対象に匿名ネットワーク「ブラインド(Blind)」が行ったアンケート調査では、回答者の50%が暗号資産(仮想通貨)を信頼し、57%は暗号資産を保有していることがわかった。 1800人の回答者には、ツイッターやアマゾン、JPモルガン・チェースなどのさまざまな米国企業の社員が含まれている。 調査では、暗号資産に対する信頼度や保有状況、報酬の一部を暗号資産で受け取ることができるかなどの質問
銀行勤務の技術系社員はビットコインを信頼:米国のアンケート調査
·

ビットコインが6万8000ドルもする国がある

暗号資産のビットコインがすでに6万8000ドル(約717万円)の大台を超えている国がある。アフリカのナイジェリアだ。 ナイジェリアでブロックチェーンプロジェクトのデザイナーをしている、アウォシカ・アヨデジ(Awosika Ayodeji)氏は、この高い価格に不満を抱いてるわけではない。朝起きて、非公式の米ドル為替レートを使って見積もられたビットコイン価格を見るのを楽しみにしている。ビットコインでの
ビットコインが6万8000ドルもする国がある
·

シンガポール、コロナ検査結果の確認にブロックチェーン

シンガポール政府はブロックチェーン技術を活用して、新型コロナウイルスの検査結果を確認するための手法を開発している。空港などにおける入国管理手続きにかかる時間を短縮できるようする。 同国のデジタル化を促す政府機関(通称「ガブテック」GovTech)と、保健省は、コロナの検査結果を発行するためのデジタル規格「ヘルスサーツ(HealthCerts)」を開発。 検査結果は、シンガポール政府が開発したデジタ
シンガポール、コロナ検査結果の確認にブロックチェーン
·

クラーケンが資金調達で協議、企業価値は100億ドルに拡大か:報道

報道機関のブルームバーグは25日、暗号資産取引所を運営する米クラーケン(Kraken)が資金調達に向けた協議を進めていると、関係者の話として報じた。 同報道によると、クラーケンと協議を行っているのは、フィデリティ(Fedelity)とトライブキャピタル(Tribe Capital)、ゼネラルアトランティック(General Atlantic)で、調達する資金規模などはわからない。 同協議が合意に達
クラーケンが資金調達で協議、企業価値は100億ドルに拡大か:報道
·

コインベース、ナスダックに直接上場へ──SECが書類を公開

米国で最大規模の暗号資産取引所を運営するコインベースが、正式に株式の直接上場を行う。 米証券取引委員会(SEC)が、コインベースが提出していた「Form S-1」を公開。同社が計画しているナスダックでの直接上場の準備が整った。Form S-1は、米国で新規株式公開を行う際にSECに提出する証券登録届出書。 コインベースのForm S-1には、同社の財務状況や、調達する資金の使途などが記載されている
コインベース、ナスダックに直接上場へ──SECが書類を公開
·

エヌビディア、半導体チップのマイニング効率を制限──専用製品も発表

米半導体大手のエヌビディア(Nvidia)は、同社が製造するチップのGPUが、暗号資産のマイニング用途ではなく、本来のユーザーであるゲーマーに対して確実に供給するための取り組みを発表した。 GPU(Graphics Processing Unit):グラフィックス・プロセッシング・ユニット。3Dなどの画像処理を行うための半導体チップ。コンピューター全体の処理を行うCPU(中央演算処理装置)に比べて
エヌビディア、半導体チップのマイニング効率を制限──専用製品も発表
·

米司法省、北朝鮮のハッカーを起訴──ソニーのハッキングにも関与か

米司法省は、2017年〜2020年にかけて1億ドル(約106億円)を超える暗号資産(仮想通貨)を盗んだ疑いと、窃盗、恐喝の容疑で北朝鮮の3人のプログラマーを起訴した。 司法省が17日に発表した内容によると、暗号資産の窃盗事件は、被害総額13億ドル(約1370億円)に及ぶ広範な共謀事件の一部の可能性があるという。関連する2件目の事件では、カナダ系アメリカ人もマネーロンダリングに加担したことで罪に問わ
米司法省、北朝鮮のハッカーを起訴──ソニーのハッキングにも関与か
·

イーサリアム、20万円台に──指標は乱高下の予兆を示す

暗号資産のイーサリアム(ETH)は18日、1928ドル(約20万4000円)の新たな最高値を記録した。過熱するイーサリアムのデリバティブ市場は短期的に、同暗号資産価格のボラティリティ上昇を示している。 イーサリアムの永久先物(満期のない先物)を提供している大手暗号資産(仮想通貨)取引所での平均「資金調達率」は、0.069%から急上昇。1月はじめの記録的な高水準0.21%をわずかに下回る数値となって
イーサリアム、20万円台に──指標は乱高下の予兆を示す
·

タピオカティから暗号資産にピボット──起死回生図る中国企業

タピオカティや焼き菓子の販売・流通を手がける中国のアーバン・ティ(Urban Tea)は、暗号資産(仮想通貨)のマイニング事業に参入し、起死回生を図ろうとしている。 18日のプレスリリースによると、中国・湖南省を拠点にするアーバン・ティは暗号資産マイニング事業専任の2人の役員を新たに採用した。Zhou氏が最高執行責任者(COO)に就き、Song氏は取締役に就任した。 Zhou氏は、ブロックチェーン
タピオカティから暗号資産にピボット──起死回生図る中国企業
·

米コインベース、企業価値は8兆円超か──上場のカウントダウン始まる

株式上場の準備を進める米暗号資産取引所大手コインベースの企業価値が、770億ドル(約8.2兆円)と評価されていることがわかった。同社の未公開株が、米国の流通市場で取引され、その取引額を基にした評価額が明らかになった。 米コインデスクは17日(米東部時間)、コインベースの一部の株式が、米ナスダックのプライベートマーケットで一株あたり303ドルで取引されたと報じた。同取引に詳しい関係者の話として伝えた
米コインベース、企業価値は8兆円超か──上場のカウントダウン始まる
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android