資金洗浄

暂无详细介绍

·

BitMEXはChainalysisと連携、取引監視・資金洗浄防止へ取り込んでいる!

最近、仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXは公式サイトで、ブロックチェーン分析会社であるChainalysis(チェイナリシス)との長期的なパートナーシップを結んでいたことを発表した。今度の連携を通じて、取引監視・資金洗浄防止のための検出機能を強化していることを目指している。
BitMEXはChainalysisと連携、取引監視・資金洗浄防止へ取り込んでいる!
·

Avacus株式会社は行政処分を受け、資金洗浄・テロ資金供与対策が不十分と指摘され!

24日に、金融庁の公式発表によると、Avacus株式会社は相関法律や命令に違反するために、東海財務局長が当社に対して行政処分を行ったことが分かった。
Avacus株式会社は行政処分を受け、資金洗浄・テロ資金供与対策が不十分と指摘され!
·

中国人民銀行、USDT利用の資金洗浄を行ったギャンブルのウェブサイトを取り締まるにサポートへ

中国人民銀行(PBoC)は、22日にWeChatに国境を越えた資本の流れにテーブルコインUSDTを使用した違法なオンラインギャンブル活動を取り締まったと公開した。
中国人民銀行、USDT利用の資金洗浄を行ったギャンブルのウェブサイトを取り締まるにサポートへ
·

FinCEN:初めて、ビットコインの資金洗浄業者に6000万ドル罰金を課す

19日に、米国の金融犯罪捜査網(FinCEN)は金融業者Larry Dean Harmonがビットコインの「ミキシング」サービスを行っていたとして、6000万ドル(63億円)の罰金を科したことを発表した。
FinCEN:初めて、ビットコインの資金洗浄業者に6000万ドル罰金を課す
·

FinCEN漏洩文書より、世界主要銀行が大規模な資金の移動が明らかに

米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)の漏洩した機密文書から、複数の大手銀行で、その違法性が問題視されながらも、20年近くにわたり、大規模な資金の移動が行われていたことが判明した。
FinCEN漏洩文書より、世界主要銀行が大規模な資金の移動が明らかに
·

SWIFTのレポート:北朝鮮サイバー犯罪者が暗号資産をどのように資金洗浄するか

英国を拠点に設置する多国籍セキュリティ企業であるBAESystemsおよびS国際銀行間通信協会(SWIFT)は最新なレポートを公開した。レポートでは、サイバー犯罪者が暗号通貨をどのようにロンダリングしているかを明らかにした。
SWIFTのレポート:北朝鮮サイバー犯罪者が暗号資産をどのように資金洗浄するか
·

警察庁報告より、資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」

警察庁が2020年3月5日に公開した「犯罪収益移転防止に関する年次報告書(令和元年)」によると、"マネーロンダリング(資金洗浄)などといった犯罪収益の可能性があるとして"金融機関などが国に届け出を行なった取引の合計件数は過去最多となる「440,492件」だと報告されています。しかし、仮想通貨交換業社から報告された"疑わしい取引"の件数は前年より1,100件少ない「5,996件」だとされています。
警察庁報告より、資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」
·

ドイツ当局が四分の一ほどのビットコインATMを強制的な撤去

ビットコインATMは世界的に増加中ことで、資金洗浄などへの懸念の声が上がっている。ドイツ連邦金融監督庁(Bafin)が、同国内の仮想通貨ATMの多くを撤去し始めている。必要なライセンスなしで運営されていたという。ドイツ地元メディアが報じられた。
ドイツ当局が四分の一ほどのビットコインATMを強制的な撤去
·

米シークレットサービスが明かす、仮想通貨は犯罪の「要素」に過ぎない

米シークレットサービスでは、資金洗浄目的の悪用が強調される仮想通貨に対する見方が一般認識とは異なるようだ。
米シークレットサービスが明かす、仮想通貨は犯罪の「要素」に過ぎない
·

『汚れたビットコインを資金洗浄』FBI機密文書漏洩で発覚した手口とは

先月、大量に漏洩した米FBIの機密文書の中に、不正取得したビットコインをいかに資金洗浄するかについて詳細に説明されている文書があることが判明。犯罪者はパナマの仮想通貨両替サービスを利用し、プライバシーコインのモネロと交換する手法を使っていたという。
『汚れたビットコインを資金洗浄』FBI機密文書漏洩で発覚した手口とは
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android