送金

暂无详细介绍

·

カジノ機器製造大手IGT:ギャンブル向けの仮想通貨送金の特許を取得発表

5日に、米特許商標庁によると、カジノ機器大手IGT社は、ギャンブル向けの仮想通貨決済の特許を取得したことが分かった。同日、ネバダ州でユーザーがウォレットからキャッシュレスでスロットに入金できるシステムが承認されたことも発表した。
カジノ機器製造大手IGT:ギャンブル向けの仮想通貨送金の特許を取得発表
·

SWIFTの高速送金サービスSWIFT gpi Instant、実用化段階へ進む

先日のマスコミ報道によると、国際銀行間通信協会(SWIFT)が開発された世界初の新たな高速送金サービス「SWIFT gpi Instant」が、実用化の段階に入ることが分かった。今回のサービスに向けて、Lloydsを初め、英バークレイズ銀行やオーストラリア・コモンウェルス銀行らと協力して実験を行う予定である。
SWIFTの高速送金サービスSWIFT gpi Instant、実用化段階へ進む
·

決済大手BitPay、複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始

暗号資産決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」は2020年11月12日に、複数の送金先に自動で同時決済することができる企業向けの一括支払いサービス「BitPay Send(ビットペイ・センド)」の提供を開始したことを発表しました。
決済大手BitPay、複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始
·

キューバで、中間業者が25%の手数料を請求する!海外送金にBTCを利用

最近、ペルーの新聞Gestionの報道によると、キューバへの経済制裁が続く中で、キューバ市民は銀行の封鎖を回避するために、ビットコインを利用することが分かった。また、仲介業者が最大25%の手数料を請求することも驚いた。
キューバで、中間業者が25%の手数料を請求する!海外送金にBTCを利用
·

約1200億円のビットコイン大口送金が話題に|クジラ数も2016年以降に歴史な高値を更新へ

ビットコイン市場は27日にダウ平均株価が600ドル安になる中で、一時に下落しても間もなく11300ドルへ戻っている。執筆時点では前日比+0.35%の13100ドルで堅調的に推移している。
約1200億円のビットコイン大口送金が話題に|クジラ数も2016年以降に歴史な高値を更新へ
·

Ripple社:ODL送金関連の新サービスLine of Credit提供開始

Ripple(リップル)社は2020年10月8日に、同社が提供している仮想通貨XRPを用いた国際送金サービス「ODL(On-Demand Liquidity)」を利用している
Ripple社:ODL送金関連の新サービスLine of Credit提供開始
·

リップル社、仮想通貨XRP利用のODL送金で新戦略

リップル社が、新たにクロスボーダー送金で利用できる融資サービス「Line of Credit」をローンチした。ODLの利用拡大を図るサービスで、現在はベータ版だ。
リップル社、仮想通貨XRP利用のODL送金で新戦略
·

中国公安部の幹部より、違法カジノが仮想通貨を使用して海外に資金を送金

違法なギャンブルやカジノによって中国から年間1兆元(約15兆円)の資金流出をもたらしていると、中国公安部の局長が語っている。さらに、海外の賭博プラットフォームやカジノの運営者がデジタル通貨を使用してギャンブラーから資金を集めているため、当局にとってはこれらの活動の調査をさらに困難にしているという。
中国公安部の幹部より、違法カジノが仮想通貨を使用して海外に資金を送金
·

米リップル社の元CEOであるChris Larsenが 5億のXRPを送金、販売の準備か?

9月22日に、Whale AlertはTwitterで、米リップル社の元CEO兼共同創設者であるChris Larsen氏が 499,999,979のXRPを身元が特定できないウォレットに送金したことを投稿した。
 米リップル社の元CEOであるChris Larsenが 5億のXRPを送金、販売の準備か?
·

間違った100万ドルのUSDT送金:中国のトレーダーへ返還した

情報筋によると、テザーは、間違ったDeFiアドレスへ送った100万ドル相当のUSDTを回収したことが分かった。
間違った100万ドルのUSDT送金:中国のトレーダーへ返還した
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android