金融庁

暂无详细介绍

·

XRPは証券ではない!日本の金融庁と英財務省もこの見解を示す

最近、米証券取引委員会(SEC)が仮想通貨リップル(XRP)を未登録証券として、訴訟を起こしていることが大きな話題になった。最新では、日本の金融庁はXRPを証券ではないとの見解を示した。
XRPは証券ではない!日本の金融庁と英財務省もこの見解を示す
·

分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開=金融庁

金融庁は2020年6月5日に「分散型金融システムのガバナンスの課題についての取り組み」などをまとめた特設ページを公開しました。このページには、金融庁も参加しているブロックチェーン関連の国際的なネットワーク「Blockchain Governance Initiative Network(BGIN)」に関する情報などもまとめて掲載されており、今後新たに発表されるBGIN関連の最新情報も随時更新される予定だとされています。
分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開=金融庁
·

日本金融庁:ブロックチェーンに関するミーティングを開催発表

日本の金融庁が、ブロックチェーンの国際ネットワークBlockchain Governance Initiative Networkについて、1回目のミーティングを開催すると発表した。
日本金融庁:ブロックチェーンに関するミーティングを開催発表
·

金融庁:令和2年度の金融行政新方針を発表、ブロックチェーン及び仮想通貨に言及

金融庁では、令和2事務年度の金融行政における重点課題に対して新たな方針「コロナと戦い、コロナ後の新しい社会を築く~」を策定して公表した。新方針の中でも、ブロックチェーン、暗号資産についても言及した。
金融庁:令和2年度の金融行政新方針を発表、ブロックチェーン及び仮想通貨に言及
·

氷見野良三氏がBG2Cで’サトシの理念について見解を述べる

新たに金融庁の長官に就任した氷見野良三氏が日本経済新聞社と金融庁主催のBG2Cに登壇し、「サトシ・ナカモト」の理念の意義について見解を披露した。
氷見野良三氏がBG2Cで’サトシの理念について見解を述べる
·

金融庁・開発者などが集結、ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足

ブロックチェーンを基盤とした金融システムの技術的な課題や管理体制などについて研究を行う国際ネットワーク「Blockchain Governance Initiative Network(BGIN)」が2020年3月10日に発足しました。
金融庁・開発者などが集結、ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足
·

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁と日本経済新聞は、2020年4月21日〜22日に開催することを予定していたブロックチェーンをテーマとした国際会議「Blockchain Global Governance Conference(BG2C)」と「FIN/SUM Blockchain & Business(FIN/SUM BB)」を再度延期することを決定したと発表しました。
金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定
·

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストにBitforex・AMANPURIを追加

金融庁は2020年6月26日に『日本人を相手方として無登録で暗号資産交換業を行っていた』として、海外を拠点に暗号資産取引所サービスなどを展開し
金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストにBitforex・AMANPURIを追加
·

金融庁氷見野良三長官:仮想通貨の規制緩和に慎重姿勢で、CBDCを推進する

5日に、ロイター通信によると、金融庁長官氷見野良三氏は、仮想通貨レーディングを促進するために、技術革新が促進される必要がないという見方を示して、仮想通貨規制の緩和に慎重な姿勢を見せた。
金融庁氷見野良三長官:仮想通貨の規制緩和に慎重姿勢で、CBDCを推進する
·

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得

金融庁は2020年7月7日に、マネーパートナーズグループの子会社である「コイネージ株式会社(COINAGE)」を暗号資産交換業者として新たに登録した
コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android