BTC

暂无详细介绍

·

ビットコインが6万8000ドルもする国がある

暗号資産のビットコインがすでに6万8000ドル(約717万円)の大台を超えている国がある。アフリカのナイジェリアだ。 ナイジェリアでブロックチェーンプロジェクトのデザイナーをしている、アウォシカ・アヨデジ(Awosika Ayodeji)氏は、この高い価格に不満を抱いてるわけではない。朝起きて、非公式の米ドル為替レートを使って見積もられたビットコイン価格を見るのを楽しみにしている。ビットコインでの
ビットコインが6万8000ドルもする国がある
·

上場準備のコインベース、ビットコインを創業時から自社保有

株式上場の準備を進める米暗号資産取引所大手のコインベースは、2012年の創業時からビットコインと他の暗号資産を自社のバランスシートで保有していることを明らかにした。 コインベースは25日、暗号資産の自社保有は継続して行うとブログで述べた。暗号資産を保有する計画のある企業に対して、そのノウハウを提供する方針だ。 また、コインベースはブログで、同社が数億ドルから数十億ドル規模の(暗号資産)取引を世界の
上場準備のコインベース、ビットコインを創業時から自社保有
·

米スクエア、1.7億ドルでビットコインを追加購入

米モバイル決済サービスのスクエアは、財務戦略の一環として、1億7000万ドル(約180億円)の資金を使ってビットコイン(BTC)を追加で取得した。 スクエアは23日、3318BTCのビットコインを購入したことを明らかにした。購入金額を基にすると、同社は1ビットコインあたり5万1235ドルを支払ったことになる。 スクエアがビットコインの追加取得を発表した同日午後4時(米東部時間)頃、ビットコインの価
米スクエア、1.7億ドルでビットコインを追加購入
·

ビットコインを楽天キャッシュにチャージして買い物が可能に──イーサリアムも対象【電子マネー】

楽天ペイメントと楽天ウォレットは2月24日、ビットコインなどの暗号資産を電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージし、楽天ペイ(アプリ決済)を使って買い物できるようになったと発表した。楽天によれば、国内で初めて、暗号資産のチャージで取引金額に制限なく手数料無料にしたという。 チャージできるのは1ヵ月に10万円まで 対象の暗号資産(仮想通貨)は、楽天ウォレットの現物取引サービスで利用できるビットコイン(
ビットコインを楽天キャッシュにチャージして買い物が可能に──イーサリアムも対象【電子マネー】
·

米マイクロストラテジー、10億ドルでビットコインを追加購入

米ビジネスデータ管理・分析サービスのマイクロストラテジーは24日、10億ドル(約1060億円)の資金を使って暗号資産のビットコイン(BTC)を追加購入したと発表した。同社は財務戦略の一環として、ビットコインの保有を進めている。 発表によると、マイクロストラテジーは、1ビットコインあたり5万2765ドルで1万9452BTCを購入。今回の追加取得分を合わせると、同社は9万531BTCのビットコインを保
米マイクロストラテジー、10億ドルでビットコインを追加購入
·

金とビットコイン、“食い合う”ことはない:ゴールドマン・サックス

米投資銀行ゴールドマン・サックスのアナリストは、暗号資産(仮想通貨)のビットコインと、伝統的資産クラスの1つである金(ゴールド)が、互いに互いの市場を「食い合う」ようなことは起きないとする見解を明らかにした。 「ドルの価値が弱くなる環境の中で、二つの資産(ビットコインとゴールド)が互いに食い合うようなことはないだろう。両資産ともにそれぞれ十分な成長余白がある」と同行のアナリストは直近のリサーチノー
金とビットコイン、“食い合う”ことはない:ゴールドマン・サックス
·

ディーカレット、ビットコインマイニングで新事業を開始

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するディーカレットが、ビットコインのマイニング機器の小口販売と運用サービスを開始する。国内の暗号資産交換業者では初の試みとなり、同社が25日に新事業の内容を明らかにした。 ディーカレットの新事業は、海外の大規模マイニングファームと提携し、マイニングに必要な機器を小口販売することに加えて、マシンの運用サービスを行うというもの。 マイニングマシンを購入する個人と法人に対
ディーカレット、ビットコインマイニングで新事業を開始
·

北米初のビットコインETF、わずか2日で資産440億円

北米で初の承認を受けたビットコインETF(上場投資信託)の資産運用残高が、上場後わずか2日間で4億2180万ドル(約445億円)を超えた。 パーパスインベストメント(Purpose Investment)が運営するビットコインETFは18日、カナダのトロント証券取引所に上場。証券コード(ティッカー)は「BTCC」。初日の取引は1億ドルを超えた。 ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリスト、
北米初のビットコインETF、わずか2日で資産440億円
·

JPモルガン:ビットコイン・14万6000ドルの真意【報告書】

米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースは、年間1兆円を超える予算をテクノロジー関連に投資し、デジタル決済や国際送金の次世代プラットフォームの開発を急ピッチに進めている。 独自に開発してきたブロックチェーンと、デジタル通貨「JPM Coin」を活用した決済プラットフォームは、JPモルガンが新たに組織化したOnyxが主導し、その利用を拡大させるフェーズに移った。伝統的なビッグバンクのJPモルガンは
JPモルガン:ビットコイン・14万6000ドルの真意【報告書】
·

ビットコインETF・元年の到来か、それとも時期尚早か

ビットコインETF(上場投資信託)の申請が最後にピークを迎えた2018年以降、市場は成熟している。 ゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)氏が米証券取引委員会(SEC)委員長に指名され、カナダでは世界初となるビットコインETFが承認された。米国は今年、ビットコインETFを受け入れるだろうか?注目が集まる。 カナダのオンタリオ証券委員会が北米で初めてビットコインETFを承認したという大きな
ビットコインETF・元年の到来か、それとも時期尚早か
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android