BTC

暂无详细介绍

·

Standard & Poor’sの報告書より、ビットコインの盗難に対する消費者懸念弱まる

ゴールド(金)と「多くの類似点」を持つと言われる暗号資産のビットコインに対して、消費者がこれまで抱いていた一つの懸念が弱まりつつあるという。
Standard & Poor’sの報告書より、ビットコインの盗難に対する消費者懸念弱まる
·

ビットコインが「安全な資産」ではなく「リスク資産」だ=JPモルガンのストラテジスト

米金融大手JPモルガンのストラテジストであるNikolaos Panigirtzoglou氏は、レポートでビットコインが「安全な資産」ではなく「リスク資産」だと指摘した。
ビットコインが「安全な資産」ではなく「リスク資産」だ=JPモルガンのストラテジスト
·

米大手投資企業Rothschild Investment、ビットコイン投資信託に大量の投資へ 

米大手投資企業Rothschild Investment Corporationが、米グレイスケールが提供しているビットコイン投資信託(GBTC)に大量の投資を行っていることが分かった。
米大手投資企業Rothschild Investment、ビットコイン投資信託に大量の投資へ 
·

ビットコインが回復するにつれて、一部アルトコインも反発する!

ビットコイン(BTC)が3万ドルを下回っていたのは短期間だった。Cointelegraph MarketsとTradingViewのデータによると、強力な流入があったことでBTCは一時3万3866ドルまで上昇した。
ビットコインが回復するにつれて、一部アルトコインも反発する!
·

ビットコインの弱気が続いて、3万ドルまで崩壊可能?

最近、ビットコイン価格は市場心理の3万ドルまで暴落した後、下落基調の市場変動が継続しているようだ。この下落基調の中で、あるトレーダーは、短期的に弱気が続くも指摘された。
ビットコインの弱気が続いて、3万ドルまで崩壊可能?
·

ビットコイン急落、マイニングプールが売却?

ビットコイン(BTC)価格が1月22日に2万8950ドルの安値まで下落したのは、マイナーによる大量のBTC売却による可能性がある。
ビットコイン急落、マイニングプールが売却?
·

【1/22】価格チャートから分析、ビットコイン(BTC)は大幅な下落が確認!今後まだ下値を落とす可能性もある?

ビットコイン(BTC)は、これまで2020年11月から上昇チャートを形成し、2021年1月に入ると400万円台を大幅に上回る値動きを見せましたが、1月21日の値動きでは大陰線を完成させることになりました。下落の値動きが確認されているビットコイン(BTC)は今後更に下値を落とす展開が考えられるのでしょうか?
【1/22】価格チャートから分析、ビットコイン(BTC)は大幅な下落が確認!今後まだ下値を落とす可能性もある?
·

仮想通貨チャート分析によると、下落続けるBTCはサポート維持できるか?

ビットコイン価格は減少を続けており、アルトコインも重要なサポートレベルに近づいている。
仮想通貨チャート分析によると、下落続けるBTCはサポート維持できるか?
·

ブラックロック:ファンドを通してBTCを含む資産を運用すると提出!

情報筋によると、資産運用最大手のブラックロック(BlackRock)は米国証券取引委員会(SEC)に、ファンドを通してBTCを含む資産を運用するという文書を提出したことが分かった。
ブラックロック:ファンドを通してBTCを含む資産を運用すると提出!
·

価格チャートから、ビットコインは強い反落後、値幅が徐々に収束される展開に!

ビットコイン(BTC)は、一時400万円台を超える値動きを見せましたが、その後強い反落を経由し、現在レンジ相場を形成しています。揉み合いの値動きは本日1月20日までに徐々に収束される展開にもなっており、大きな値動きに近づいている印象のある相場となっています。
価格チャートから、ビットコインは強い反落後、値幅が徐々に収束される展開に!
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android