Chainalysis

暂无详细介绍

·

BitMEXはChainalysisと連携、取引監視・資金洗浄防止へ取り込んでいる!

最近、仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXは公式サイトで、ブロックチェーン分析会社であるChainalysis(チェイナリシス)との長期的なパートナーシップを結んでいたことを発表した。今度の連携を通じて、取引監視・資金洗浄防止のための検出機能を強化していることを目指している。
BitMEXはChainalysisと連携、取引監視・資金洗浄防止へ取り込んでいる!
·

Chainalysis:東京とシンガポールに新たにオフィスを開設と発表、APAC地域で取り組みが強化する

最近、仮想通貨ブロックチェーン分析会社Chainalysisは東京とシンガポールに新たにオフィスを開設することを発表した。
Chainalysis:東京とシンガポールに新たにオフィスを開設と発表、APAC地域で取り組みが強化する
·

米Chainalysisは暗号資産関連サービスを提供、政府の押収資産に向け

12日に、米国のブロックチェーン分析企業Chainalysisはアセット・リアリティ社と提携し、政府が押収した暗号資産の保管・売却に対応するサービスを新たに発表した。
米Chainalysisは暗号資産関連サービスを提供、政府の押収資産に向け
·

オントロジーはブロックチェーン分析企業のチェイナリシスとの提携、アジア進出へ

デジタルID分野に注力するオントロジーは、ブロックチェーン分析企業のチェイナリシスとの提携を発表した。チェイナリシスのコンプライアンス、分析ソリューションを利用、マネーロンダリング防止等にも取り組むとしている。
オントロジーはブロックチェーン分析企業のチェイナリシスとの提携、アジア進出へ
·

ChainalysisがBitMEXの出金に警戒へ注意喚起

ブロックチェーン分析会社Chainalysisが同社の顧客に対し、仮想通貨デリバティブ大手BitMEXはリスクの高い取引所であると注意勧告した。
ChainalysisがBitMEXの出金に警戒へ注意喚起
·

チェイナリシス・レポート:東ヨーロッパで暗号資産の不正利用が盛んな理由

東ヨーロッパで暗号資産(仮想通貨)が不正に利用されているケースが目立っている。ブロックチェーン分析会社チェイナリシス(Chainalysis)は、同社がまとめたレポートで指摘している。
チェイナリシス・レポート:東ヨーロッパで暗号資産の不正利用が盛んな理由
·

ウクライナが暗号資産の普及でNo.1の理由

ウクライナ、ロシア、ベネズエラの3国は、暗号資産(仮想通貨)の普及度合いで上位に位置している。米暗号資産調査会社のチェイナリシス(Chainalysis)が8日に発表した「Global Cryptocurrency Adoption Index」(世界の暗号資産普及指数)で明らかになった。 アメリカと中国は依然として最大規模の取引高を誇るが、「くじら」(大口の暗号資産保有者)を除くと、同3国がデジ
ウクライナが暗号資産の普及でNo.1の理由
·

Chainalysisが日常的に仮想通貨が使われている国を調査し、結果が意外だ

Chainalysisが最新レポートで最も仮想通貨の使用が進んでいる国を調査した。経済大国で10位以内にランクインしたのは中国と米国のみであり、意外な国々が首位を占めることになった。
Chainalysisが日常的に仮想通貨が使われている国を調査し、結果が意外だ
·

Chainalysisの最新レポート:南米と東アジアの貿易で仮想通貨が盛んに利用

仮想通貨・ブロックチェーン分析企業Chainalysisが発表された新たなレポートでは、ラテンアメリカと東アジアの商業取引において、仮想通貨が多く使われていると指摘した。
Chainalysisの最新レポート:南米と東アジアの貿易で仮想通貨が盛んに利用
·

チェイナリシス:犯罪者やハッカーが持つビットコイン総額で89万2,000BTCに

仮想通貨(暗号資産)分析企業チェイナリシス(Chainalysis)によると、100万ビットコイン(BTC)近くが不正なアクターによって保持されており、その半分以上がダークネット市場に存在するという。
チェイナリシス:犯罪者やハッカーが持つビットコイン総額で89万2,000BTCに
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android