Ethereum

Nội dung Ethereum

·

イーサリアム2.0に向けて歩みを進める銀行

銀行はいつの日か、イーサリアム2.0の重要な参加者になるかもしれない。 ビットコイン(BTC)に対する企業からの関心と同じくらい、注目されるトレンドにまもなくなるだろうと、ブロックデーモン(Blockdaemon)やバイソン・トレイルズ(Bison Trails)といった企業は考えている。2社は、イーサリアム2.0上でステーキングノードを実行することを低リスクにし、配備を簡単にするためのインフラを
イーサリアム2.0に向けて歩みを進める銀行
·

【市場動向】イーサリアムは「グリーン」の流れに乗ったか

●ビットコイン(BTC)は、27日21時(協定世界時:UTC/日本時間28日6時)現在、38,814ドル前後で取引され、過去24時間で0.75%上昇。 ●ビットコインの24時間レンジ:37,317~40,372ドル(CoinDesk 20のデータ)。 ●イーサリアム(ETH)は、2,756ドル前後で取引され、過去24時間で0.60%上昇。 ●イーサリアムの24時間レンジ:2,888~2,650ドル
【市場動向】イーサリアムは「グリーン」の流れに乗ったか
·

ブテリン氏、67億ドルのSHIBトークンを焼却──その意図は?

イーサリアム・共同創業者のヴィタリック・ブテリン氏は、保有する柴犬コイン(SHIB)の90%(67億ドル相当)を焼却(バーン)した。 410兆を超えるトークンは16日深夜、使われていないブロックチェーンアドレスに送られ、流通がストップした。ブテリンはこの数週間、多額のSHIBトークンを寄付している。 「ウォレットに残っているshibaトークンの90%を焼却することにした。残りの10%は、クリプトリ
ブテリン氏、67億ドルのSHIBトークンを焼却──その意図は?
·

ドージコインの模倣コイン、イーサリアムのブテリン氏に大量に送りつけられる

イーサリアムの生みの親であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、犬をテーマにしたミームコイン(ネット上で話題となることを意図したコイン)の開発者たちに、考えを改めるべきと伝えているようだ。 ブテリン氏は12日、Crypto Twitter(Twitterで暗号資産の情報を発信する人たち)の話題を集めた。ブロックチェーンのデータによると、ブテリン氏は、柴犬コイン(SHIB)
ドージコインの模倣コイン、イーサリアムのブテリン氏に大量に送りつけられる
·

“ドージコイン現象”がイーサリアム手数料を押し上げる

「ドージコイン現象」でイーサリアムの取引手数料が高騰している。 BitInfoChartsとBlockchairのデータによると、イーサリアムの平均取引手数料は現在64ドル。イーサリアム規格に準拠したERC-20トークンであり、「ドージキラー」の異名を持つトークン「SHIB」などの模倣コインの需要の伸びが、手数料を押し上げている。 This dumbass token SHIB and all e
“ドージコイン現象”がイーサリアム手数料を押し上げる
·

イーサリアムの時価総額、5000億ドル超──JPモルガン、VISAを上回る

価格上昇を続ける暗号資産、イーサリアムの時価総額が12日午前(米東部時間)、5000億ドル(約54.4兆円)を超えた。 コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)のデータによると、イーサリアムの規模は同日、5050億ドルに達した。上場企業の時価総額と単純に比較すると、米銀最大手JPモルガン・チェースの約4800億ドルと、VISAの約4960億ドルを上回った。 CoinDeskの価格デー
イーサリアムの時価総額、5000億ドル超──JPモルガン、VISAを上回る
·

前例なきアルトシーズンの到来──イーサリアムの勢い続く

暗号資産(仮想通貨)市場は、ビットコインが主導する時期とアルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)がけん引する時期の間で揺れ動く傾向がある。 暗号資産の世界ではビットコイン(BTC)が中心に存在し、イーサリアム(ETH)をはじめとするビットコイン以外の暗号資産はオルタナティブ(alternative=代替するもの)と考えられている。アルトコイン主導の時期は「アルトシーズン(alt seasons)
前例なきアルトシーズンの到来──イーサリアムの勢い続く
·

イーサリアムのアクティブアドレス数が過去最多──価格上昇継続のサインか

イーサリアムの価格上昇が続くなか、アクティブアドレスの数が増加している。 データサイトのグラスノード(Glassnode)によると、イーサリアムのアクティブアドレス数は5月9日、過去最多となる794万に達した。2018年1月16日に記録した714万を上回った。 過去3日間だけで10万以上増えており、年初から86%増加している。 「取引数、アクティブアドレスの数、手数料を含む多くの指標などから、イー
イーサリアムのアクティブアドレス数が過去最多──価格上昇継続のサインか
·

【市場動向】ステラが上昇、“アルトシーズン”続く──イーサは最高値更新

●イーサリアム(ETH)は協定世界時(UTC)10日21時(日本時間11日6時)現在(以下同)、4016ドル前後で取引され、過去24時間で4.5%上昇。 ●イーサリアムの24時間レンジ:3884ドル~4200ドル(CoinDesk 20のデータ)。 ●ステラ(XLM)は、0.68ドル前後で取引され、過去24時間で10.8%上昇。 ●ビットコイン(BTC)は、55,685ドル前後で取引され、過去24
【市場動向】ステラが上昇、“アルトシーズン”続く──イーサは最高値更新
·

イーサリアム、4000ドル間近──ウォール街も注目

イーサリアム(ETH)の価格は9日、3980ドルに達し、史上最高値を更新した。DeFi(分散型金融)やNFT(ノンファンジブル・トークン)における用途の広がりが期待され、イーサリアムに注目するトレーダーが増えている。 イーサリアムが3000ドルを超えたのは、わずか1週間前のこと。ビットコインは年初から2倍に膨れたのに対して、イーサリアムは4倍となった。 イーサリアムの市場規模(時価総額)は4500
イーサリアム、4000ドル間近──ウォール街も注目
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android