Finance

暂无详细介绍

·

100億ドルでのIPOに興味ない:クラーケンCEO

暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)の共同創業者兼CEOのジェシー・パウエル(Jesse Powell)氏は、クラーケンが「来年のどこか」のタイミングで上場を目指すかもしれないが、その「保証はない」との考えを明らかにした。 3日にブルームバーグTVに出演したパウエル氏は、100億ドル(約1兆700億円)の企業評価額であれば上場を考えるかと聞かれると、「(クラーケンは)確かに上場を予
100億ドルでのIPOに興味ない:クラーケンCEO
·

米ビットワイズのDeFiインデックスファンド、2週間で35億円集める

米資産運用のビットワイズが運営するDeFi(分散型金融)インデックスファンドは、262名の投資家から3250万ドル(約35億円)の資金を集めた。3日に公開された米証券取引委員会への提出書類で明らかになった。 スタートからわずか2週間で、同ファンドはビットワイズにおいて最も速い成長を遂げた私募商品になったと、同社最高投資責任者マット・ホーガン(Matt Hougan)氏は語った。 適格投資家としての
米ビットワイズのDeFiインデックスファンド、2週間で35億円集める
·

米CBOE、ビットコインETFを申請──BTC派生商品市場の整備進む

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)が、ビットコイン上場投資信託(ETF)の上場に向けて、正式に申請を行った。カナダ当局がすでにビットコインETFを解禁しており、北米市場では機関投資家向けのビットコイン派生金融商品の開発が急ピッチに進んでいる。 CBOEが上場を計画しているのは、米資産運用会社ヴァンエック(VanEck)のビットコインETFで、申請書類は1日に証券取引委員会(SEC)に提出された
米CBOE、ビットコインETFを申請──BTC派生商品市場の整備進む
·

ゴールドマン、暗号資産の取引デスクを再開へ──休止から3年:関係者

米投資銀行大手のゴールドマン・サックスが早ければ今月中旬に、暗号資産のトレーディングデスクの活動を再開する。米CoinDeskが事情に詳しい関係者の話として報じた。 関係者によると、ゴールドマン・サックスは暗号資産の取引デスクの活動を約3年間、休止していたが、ビットコイン先物に関連する取引サービスを開始する計画だ。ロイターが先に同社の暗号資産取引デスクの再開を報じた。 ロイターによると、ゴールドマ
ゴールドマン、暗号資産の取引デスクを再開へ──休止から3年:関係者
·

JPモルガンが再構築する国際送金──ビットコインはどうなる【インタビュー】

米JPモルガン・チェースのデジタル通貨「JPMコイン」を軸に、米銀最大手が新設したオニキス(Onyx)は、次世代のグローバル決済プラットフォームの開発を進めている。 オニキスが統括するブロックチェーンプロジェクトの1つであるLiink(リンク)は、各国の銀行がクロスボーダー決済・送金を行うための情報プラットフォーム。デジタル化が急速に進む世界で、Liinkは銀行間送金をどう変えていくのか? オニキ
JPモルガンが再構築する国際送金──ビットコインはどうなる【インタビュー】
·

JPモルガンのJPMコイン、世界の決済はこう変わる──グローバル統括・密着

年間1兆円を超える資金をテクノロジー関連に投資する米銀最大手のJPモルガン・チェースは、およそ5年間で独自のブロックチェーンとその技術を使った情報プラットフォームを開発し、デジタル通貨を作りあげてきた。 同社は昨年、ブロックチェーンに関係するすべてのプロジェクトを運営する新ユニット「オニキス(Onyx)」を立ち上げた。情報プラットフォームは「Liink」、デジタル通貨は「JPMコイン」と名づけられ
JPモルガンのJPMコイン、世界の決済はこう変わる──グローバル統括・密着
·

クラーケンが資金調達で協議、企業価値は100億ドルに拡大か:報道

報道機関のブルームバーグは25日、暗号資産取引所を運営する米クラーケン(Kraken)が資金調達に向けた協議を進めていると、関係者の話として報じた。 同報道によると、クラーケンと協議を行っているのは、フィデリティ(Fedelity)とトライブキャピタル(Tribe Capital)、ゼネラルアトランティック(General Atlantic)で、調達する資金規模などはわからない。 同協議が合意に達
クラーケンが資金調達で協議、企業価値は100億ドルに拡大か:報道
·

澶у拰瑷煎埜銇屻儢銉儍銈儊銈с兗銉虫妧琛撲娇銇勩€屻儑銈搞偪銉ぞ鍌点€嶇櫤琛屻€佹墪銇勮炯銇裤兓鍒╂墪銇勩伅銉曘偅銉炽偪銉笺儐銉冦偗銇儑銈搞偪銉偝銈ゃ兂

澶у拰瑷煎埜銇ㄣ偘銉兗銉椾細绀俱伄澶у拰銉曘兗銉?amp;銈偘銉伅2鏈?6鏃ャ€併儢銉儍銈儊銈с兗銉虫妧琛撱倰娲荤敤銇椼仸銉囥偢銈裤儷绀惧偟銈掔櫤琛屻仐銇熴亾銇ㄣ倰鏄庛倝銇嬨伀銇椼仧銆傚ぇ鍜岃鍒搞偘銉兗銉楁湰绀?<8601> 銇ㄣ儑銈搞偪銉偓銉兗銈?<4819> 銇仼銇屽彇銈婄祫銈撱仹銇勩倠銆併儢銉儍銈儊銈с兗銉虫妧琛撱倰娲荤敤銇椼仧鏈変尽瑷煎埜鐧鸿銇疅瑷煎疅楱撱伄涓€鐠般仹銆併儓銉笺偪銉伄鐧鸿椤嶃伅1100涓囧唵鍒嗐€?銉囥偢銈裤儷銈儸銉笺偢銇瓙浼氱ぞ銉籆rypto Garag
澶у拰瑷煎埜銇屻儢銉儍銈儊銈с兗銉虫妧琛撲娇銇勩€屻儑銈搞偪銉ぞ鍌点€嶇櫤琛屻€佹墪銇勮炯銇裤兓鍒╂墪銇勩伅銉曘偅銉炽偪銉笺儐銉冦偗銇儑銈搞偪銉偝銈ゃ兂
·

コインベース、ナスダックに直接上場へ──SECが書類を公開

米国で最大規模の暗号資産取引所を運営するコインベースが、正式に株式の直接上場を行う。 米証券取引委員会(SEC)が、コインベースが提出していた「Form S-1」を公開。同社が計画しているナスダックでの直接上場の準備が整った。Form S-1は、米国で新規株式公開を行う際にSECに提出する証券登録届出書。 コインベースのForm S-1には、同社の財務状況や、調達する資金の使途などが記載されている
コインベース、ナスダックに直接上場へ──SECが書類を公開
·

上場準備のコインベース、ビットコインを創業時から自社保有

株式上場の準備を進める米暗号資産取引所大手のコインベースは、2012年の創業時からビットコインと他の暗号資産を自社のバランスシートで保有していることを明らかにした。 コインベースは25日、暗号資産の自社保有は継続して行うとブログで述べた。暗号資産を保有する計画のある企業に対して、そのノウハウを提供する方針だ。 また、コインベースはブログで、同社が数億ドルから数十億ドル規模の(暗号資産)取引を世界の
上場準備のコインベース、ビットコインを創業時から自社保有
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android