IPO

暂无详细介绍

·

Robinhood、2021年初頭にIPOを実施可能

マスコミの報道により、株式および暗号資産の取引プラットフォームであるRobinhoodは、2021年初頭に最初の株式公開募集(IPO)を実施する可能性があり、現段階で協力可能な証券会社を探し始めている。
Robinhood、2021年初頭にIPOを実施可能
·

メサーリより、デジタルカレンシーグループがIPOしたら評価額は4200億円

デジタルカレンシーグループ(DCG)が新規株式公開をしたら、どのような額になるのだろうか。仮想通貨(暗号資産)分析企業のメサーリがその予想を発表した。
メサーリより、デジタルカレンシーグループがIPOしたら評価額は4200億円
·

オーストラリアの会社WCA:IPOでUSDTの支払いを受け入れ

オーストラリアの暗号資産に対応する資金調達プラットフォームStaxは、クライアントであるWest Coast Aquaculture Group(WCA)が、オーストラリア初の仮想通貨のテザー(USTD)を受け入れる可能な新規株式公開募集(IPO)を実施することを発表した。
オーストラリアの会社WCA:IPOでUSDTの支払いを受け入れ
·

ブラジル:デジタル銀行のIPOを計画していて、デジタル化が全面

ブラジルのパウロ・ゲデス経済相はブラジル連邦貯蓄銀行が手がけるデジタル銀行をIPO(新規株式公開)をする計画を明かした。
ブラジル:デジタル銀行のIPOを計画していて、デジタル化が全面
·

グーグル検索データが示す「DeFi」ブーム──個人投資家の関心は?

DeFi(分散型金融)はその市場規模を急拡大させているが、グーグルでの検索データを見てみると、個人投資家の関心は限定的と言える。個人ユーザーをも巻き込んだ2017年の「ICO(新規コイン公開)ブーム」ほどには至っていないだろう。
グーグル検索データが示す「DeFi」ブーム──個人投資家の関心は?
·

企業トップと世界の投資家をつなぐ仕事との出会い、投資銀行家・JPモルガン 上原祐香

アメリカ最大の銀行、JPモルガン・チェースの日本オフィスでマネージングディレクター(MD)を務める上原祐香さん。
企業トップと世界の投資家をつなぐ仕事との出会い、投資銀行家・JPモルガン 上原祐香
·

米コインベースに出資のRibbit Capitalが新規株上場で3.5億ドルの資金調達を計画|SECに目論見書を提出済み

コインベースなど複数の仮想通貨企業に出資するRibbit Capitalが、IPOで3.5億ドルの資金調達を計画。米証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出した。
米コインベースに出資のRibbit Capitalが新規株上場で3.5億ドルの資金調達を計画|SECに目論見書を提出済み
·

米証券取引委員会:米国初のセキュリティトークンについて承認

米国証券取引委員会(SEC)が、INX LimitedのIPO形式で発行されるセキュリティトークンについて承認した。
米証券取引委員会:米国初のセキュリティトークンについて承認
·

SEC登録の仮想通貨セキュリティトークンでIPO実施へ、米国初

仮想通貨取引のソリューション開発を行うINXが、新規公開株(IPO)形式でセキュリティトークンの販売を開始する。セキュリティトークンが米SECに登録されるのは、初の事例となる。
SEC登録の仮想通貨セキュリティトークンでIPO実施へ、米国初
·

ナスダックがIPOに新しい制限を設け、仮想通貨マイニング企業にも影響可能

米国の大手証券取引所ナスダックは、中国企業がナスダックに上場するのを防ぐため、新規株式公開(IPO)に新しい制限を設ける予定だという。仮想通貨マイニング企業のIPOにも影響する可能性がある。
ナスダックがIPOに新しい制限を設け、仮想通貨マイニング企業にも影響可能
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android