Industries

暂无详细介绍

·

ビットコインを楽天キャッシュにチャージ、GMOコインが暗号資産FXにテゾス追加ほか──2/19〜2/25の暗号資産・ブロックチェーンニュース

2月19日──ボルボ親会社のジーリーHDがブロックチェーンのJV設立 中国の自動車メーカー・ジーリーやボルボを傘下に持つ浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)とスイスの非営利団体・Concordium(コンコーディウム)財団は2月19日、合弁事業契約を締結したと発表した。合弁会社を設立、Concordiumのブロックチェーン技術を利用して、中国でブロックチェーン技術とサービスのリーディ
ビットコインを楽天キャッシュにチャージ、GMOコインが暗号資産FXにテゾス追加ほか──2/19〜2/25の暗号資産・ブロックチェーンニュース
·

ディーカレット、ビットコインマイニングで新事業を開始

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するディーカレットが、ビットコインのマイニング機器の小口販売と運用サービスを開始する。国内の暗号資産交換業者では初の試みとなり、同社が25日に新事業の内容を明らかにした。 ディーカレットの新事業は、海外の大規模マイニングファームと提携し、マイニングに必要な機器を小口販売することに加えて、マシンの運用サービスを行うというもの。 マイニングマシンを購入する個人と法人に対
ディーカレット、ビットコインマイニングで新事業を開始
·

エヌビディア、半導体チップのマイニング効率を制限──専用製品も発表

米半導体大手のエヌビディア(Nvidia)は、同社が製造するチップのGPUが、暗号資産のマイニング用途ではなく、本来のユーザーであるゲーマーに対して確実に供給するための取り組みを発表した。 GPU(Graphics Processing Unit):グラフィックス・プロセッシング・ユニット。3Dなどの画像処理を行うための半導体チップ。コンピューター全体の処理を行うCPU(中央演算処理装置)に比べて
エヌビディア、半導体チップのマイニング効率を制限──専用製品も発表
·

KPMG、機関投資家向け新サービスを発表──暗号資産企業2社と提携

世界4大会計事務所の1つのKPMGは、ビットゴー(BitGo)とコインメトリクス(Coin Metrics)と共同で機関投資家をターゲットにした暗号資産(仮想通貨)領域の新サービスを始める。 3社が18日に発表した内容によると、新サービスは、KPMGの暗号資産マネジメントツール「Chain Fusion」と、ビットゴーのカストディ(保管・管理)技術、コインメトリクスのデータ・情報製品を「統合したサ
KPMG、機関投資家向け新サービスを発表──暗号資産企業2社と提携
·

タピオカティから暗号資産にピボット──起死回生図る中国企業

タピオカティや焼き菓子の販売・流通を手がける中国のアーバン・ティ(Urban Tea)は、暗号資産(仮想通貨)のマイニング事業に参入し、起死回生を図ろうとしている。 18日のプレスリリースによると、中国・湖南省を拠点にするアーバン・ティは暗号資産マイニング事業専任の2人の役員を新たに採用した。Zhou氏が最高執行責任者(COO)に就き、Song氏は取締役に就任した。 Zhou氏は、ブロックチェーン
タピオカティから暗号資産にピボット──起死回生図る中国企業
·

ビットコインが初めて5万ドル突破、モルスタ子会社がBTC投資か──2/12〜2/18の暗号資産・ブロックチェーンニュース

2月12日──ブロックチェーンゲームのDapper Labs、2億5000万ドル超を調達 評価額は約20億ドル:報道 「NBAトップショット(NBA Top Shot)」や「クリプトキティーズ(CryptoKitties)」などのブロックチェーンゲームを展開するダッパーラボ(Dapper Labs)が、2億5000万ドルを超える資金を調達し、企業評価額は20億ドルに達した。ウェブメディア「The
ビットコインが初めて5万ドル突破、モルスタ子会社がBTC投資か──2/12〜2/18の暗号資産・ブロックチェーンニュース
·

米ファンド、ビットコイン投信を個人投資家に販売開始

米オスプレイ・ファンド(Osprey Fund)は今週、同社のビットコイン・トラスト(ビットコイン派生投資商品)は、店頭(OTC)市場を通じて個人投資家が購入できるようになったと発表した。 オスプレイのグレッグ・キング(Greg King)CEOによると、同ビットコイン・トラストは2年前に組成され、昨年に米証券取引委員会(SEC)に信託登録を申請したという。 北米では、機関投資家がビットコインの現
米ファンド、ビットコイン投信を個人投資家に販売開始
·

金融庁:2社が暗号資産交換業者に登録

金融庁は17日、新たに2社が暗号資産(仮想通貨)交換業者として登録したと発表した。 発表によると、登録したのはデジタルアセットマーケッツ(本社・東京千代田区)で、ビットコイン(BTC)を主に取り扱う。 もう一社はマーキュリー(本社・東京世田谷区)で、扱う暗号資産は、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)。 マーキュリーの親
金融庁:2社が暗号資産交換業者に登録
·

ステーブルコイン「ディエム」、3月末の発行を目指す──Spotify、Uberで利用可能に

フェイスブックが主導してきたデジタル通貨で、名称を「リブラ(Libra)」から「ディエム(diem)」したステーブルコインは3月末に、暗号資産のカストディ事業者と決済プラットフォームと連携してプロダクトの発表を目指す。 カストディ事業者「ファイアブロックス(Fireblocks)」と決済プラットフォームの「ファースト・デジタル・アセット・グループ(First Digital Assets Grou
ステーブルコイン「ディエム」、3月末の発行を目指す──Spotify、Uberで利用可能に
·

コインチェックが“土地”を購入、場所はゲーム「The Sandbox」の仮想空間で

暗号資産取引所を運営するコインチェックは17日、ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の仮想空間で土地を購入したと発表した。土地は、ERC-721規格のトークン(ノンファンジブルトークン=NFT)として取得した。 コインチェックは今後、取得した土地(LAND)の一部を販売することで、日本における「The Sandbox」の利用拡大を進めて行く。取得額は明らかにしていない。同社は昨年9月、
コインチェックが“土地”を購入、場所はゲーム「The Sandbox」の仮想空間で
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android