JPMorganChase

暂无详细介绍

·

JPモルガンが再構築する国際送金──ビットコインはどうなる【インタビュー】

米JPモルガン・チェースのデジタル通貨「JPMコイン」を軸に、米銀最大手が新設したオニキス(Onyx)は、次世代のグローバル決済プラットフォームの開発を進めている。 オニキスが統括するブロックチェーンプロジェクトの1つであるLiink(リンク)は、各国の銀行がクロスボーダー決済・送金を行うための情報プラットフォーム。デジタル化が急速に進む世界で、Liinkは銀行間送金をどう変えていくのか? オニキ
JPモルガンが再構築する国際送金──ビットコインはどうなる【インタビュー】
·

JPモルガンのJPMコイン、世界の決済はこう変わる──グローバル統括・密着

年間1兆円を超える資金をテクノロジー関連に投資する米銀最大手のJPモルガン・チェースは、およそ5年間で独自のブロックチェーンとその技術を使った情報プラットフォームを開発し、デジタル通貨を作りあげてきた。 同社は昨年、ブロックチェーンに関係するすべてのプロジェクトを運営する新ユニット「オニキス(Onyx)」を立ち上げた。情報プラットフォームは「Liink」、デジタル通貨は「JPMコイン」と名づけられ
JPモルガンのJPMコイン、世界の決済はこう変わる──グローバル統括・密着
·

JPモルガン:ビットコイン・14万6000ドルの真意【報告書】

米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースは、年間1兆円を超える予算をテクノロジー関連に投資し、デジタル決済や国際送金の次世代プラットフォームの開発を急ピッチに進めている。 独自に開発してきたブロックチェーンと、デジタル通貨「JPM Coin」を活用した決済プラットフォームは、JPモルガンが新たに組織化したOnyxが主導し、その利用を拡大させるフェーズに移った。伝統的なビッグバンクのJPモルガンは
JPモルガン:ビットコイン・14万6000ドルの真意【報告書】
·

日本で電子署名を本格導入──コロナで利用企業が急増=JPモルガン

年間約100億ドル(約1兆円)をテクノロジー関連に費やす米銀最大手のJPモルガン・チェースは、法人顧客の口座開設や各種変更等の一部手続きをハンコレス・ペーパーレスにし、電子署名で行なえるサービスを日本で開始した。
日本で電子署名を本格導入──コロナで利用企業が急増=JPモルガン
·

企業トップと世界の投資家をつなぐ仕事との出会い、投資銀行家・JPモルガン 上原祐香

アメリカ最大の銀行、JPモルガン・チェースの日本オフィスでマネージングディレクター(MD)を務める上原祐香さん。
企業トップと世界の投資家をつなぐ仕事との出会い、投資銀行家・JPモルガン 上原祐香
·

ビットコインと株価、より密接な関係──JPモルガンの投資家向けメモがネットで広がる

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは、株式市場とは相関性のない資産から、より密接な関係性を持つものにシフトしていると、米銀最大手JPモルガン・チェースのアナリストは投資家向けメモで述べた
ビットコインと株価、より密接な関係──JPモルガンの投資家向けメモがネットで広がる
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android