MasterCard

暂无详细介绍

·

マスターカード、暗号資産決済を加盟店が導入可能に、21年後半

マスターカード(Mastercard)は2021年後半、加盟店が客の暗号資産での決済を行える機能を提供する。米CoinDeskが報じた。 事情に詳しい関係者によると、機能は顧客が暗号資産で行った支払いに限られるという。対象となる暗号資産や、実施される国などはまだ明らかになっていない。 この取り組みは、デジタル通貨による決済を「自社ネットワークに直接統合する」としたマイケル・ミーバック(Michae
マスターカード、暗号資産決済を加盟店が導入可能に、21年後半
·

クレジットカード大手MasterCardの CEO:ビットコインより中銀のデジタル通貨が好む

10月27日に開催されたフォーチュン・グローバル・フォーラムオンラインイベントの中で、MasterCardのCEOであるAjay Bangaは、再び暗号資産ビットコインを評価した。
クレジットカード大手MasterCardの CEO:ビットコインより中銀のデジタル通貨が好む
·

Wirex Mastercardが12月に米国で発行予定、仮想通貨利用が簡素化へ

最新情報によると、ロンドンを拠点とする暗号通貨のローカル支払いプラットフォームであるWirexが、多通貨対応のWirex Mastercardが12月に米国で発売することを明らかにした。
Wirex Mastercardが12月に米国で発行予定、仮想通貨利用が簡素化へ
·

仮想通貨決済企業Wirex:多通貨対応のWirex Mastercard発行予定

情報筋によると、仮想通貨決済企業Wirex(ワイレックス)はMastercard(マスターカード)のプリンシパルメンバーシップを付与されたことに続いて、新しいマルチ通貨カードをリリースすることを発表した。
仮想通貨決済企業Wirex:多通貨対応のWirex Mastercard発行予定
·

クレジットカード大手MasterCard、中銀デジタル通貨(CBDC)機能を実証するプラットフォーを発表

ビットコインが金融の舞台に登場してから10年間、各国の中央銀行は独自のデジタル通貨の開発に静かに進んでいる。 現在、クレジットカード大手MasterCardは、中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)が現実の世界でどのように機能するかをテストするプラットフォームを発表した。
クレジットカード大手MasterCard、中銀デジタル通貨(CBDC)機能を実証するプラットフォーを発表
·

仮想通貨取引所バイナンス:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限

仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は、2020年4月12日にVisa(ビザ)やMastercard(マスターカード)を用いた支払いサービスが一部の国や地域で一時的に利用できなくなることを発表しました。
仮想通貨取引所バイナンス:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android