NFT

NFT的内容

·

ネット画像が高額で取引──NFT市場の拡大に期待高まる

インターネット・ミーム(ネット上で話題となり、拡散した画像など)をどうマネタイズ(収益化)するかという長年の疑問に答えが見つかったようだ。 人気のあるミーム画像「ニャンキャット(Nyan Cat)」のノン・ファンジブル・トークン(NFT)が2月19日、300イーサリアム(当時のレートで約59万ドル=約6300万円)で取引された。複製可能なネット上のあらゆる所で見られるgifファイルバージョンではな
ネット画像が高額で取引──NFT市場の拡大に期待高まる
·

ファントークンのChiliz、米国市場に50億円超──プロスポーツの需要取り込む

欧州のプロスポーツチームなどが、ファンやサポーターにデジタルトークンを販売して、資金を調達するケースが増えている。そのファントークンの発行と販売を可能にするプラットフォームを運営するChilizは、5000万ドル(約54億円)の資金を米国での事業拡大に投入する。 欧州のマルタに拠点を置くChilizは、ニューヨークに事務所を開設し、米国のスポーツチームがファントークンを発行できる環境を整備していく
ファントークンのChiliz、米国市場に50億円超──プロスポーツの需要取り込む
·

人気フィギュアの「Superplastic」、NFT作品を提供──世界で拡大するNFT市場

プロバスケットボール選手、人気ミュージシャン、ビニール製フィギュア……。新しいマネタイズの手段として、さまざまなノン・ファンジブル・トークン(NFT)がイーサリアムブロックチェーンに進出している。 「スーパープラスチック(Superplastic)」は、芸術的なフィギュアをコレクター市場に向けて制作している。同社はインスタグラムのフォロワー数が多い2つのシリーズ、「グッギィモン(Guggimon)
人気フィギュアの「Superplastic」、NFT作品を提供──世界で拡大するNFT市場
·

コインチェックが“土地”を購入、場所はゲーム「The Sandbox」の仮想空間で

暗号資産取引所を運営するコインチェックは17日、ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の仮想空間で土地を購入したと発表した。土地は、ERC-721規格のトークン(ノンファンジブルトークン=NFT)として取得した。 コインチェックは今後、取得した土地(LAND)の一部を販売することで、日本における「The Sandbox」の利用拡大を進めて行く。取得額は明らかにしていない。同社は昨年9月、
コインチェックが“土地”を購入、場所はゲーム「The Sandbox」の仮想空間で
·

ブロックチェーンゲームのDapper Labs、2億5000万ドル超を調達──評価額は約20億ドル:報道

「NBAトップショット(NBA Top Shot)」や「クリプトキティーズ(CryptoKitties)」などのブロックチェーンゲームを展開するダッパーラボ(Dapper Labs)が、2億5000万ドルを超える資金を調達し、企業評価額は20億ドルに達した。ウェブメディア「The Block」が関係者の話をもとに伝えた。 記事よると、資金調達はビリオネア投資家のフィリップ ・ ラフォン(Phili
ブロックチェーンゲームのDapper Labs、2億5000万ドル超を調達──評価額は約20億ドル:報道
·

マイクロソフトとエンジン、「マインクラフト」対応NFTを獲得できるゲームを開発

マイクロソフトは、世界中で人気のゲーム「マインクラフト(Minecraft)」で利用できるノン・ファンジブル・トークン(NFT)を獲得できるブラウザゲームを開発した。 ※ノン・ファンジブル・トークン(NFT):コピーできない唯一性を持つトークンで、所有権を表すことができる。例えば、1ビットコインは、どの1ビットコインでも同じ価値(ファンジブル)だが、NFTはそれぞれが固有の価値を持つため1対1で交
マイクロソフトとエンジン、「マインクラフト」対応NFTを獲得できるゲームを開発
·

仮想空間の区画を1億6000万円で売却、NFT取引で過去最高

ノン・ファンジブル・トークン(NFT)を使ったデジタル作品を420イーサリアム(当時、約6900万円)で購入した男性が、ブロックチェーンゲーム内のNFTを使った仮想区画を888.25イーサリアム(約1億6000万円)という記録的な金額で売却した。 2月8日に売却されたのは「アクシー(Axie)」と呼ばれる仮想の生き物を育てたり、戦わせたりするブロックチェーンゲーム「アクシー・インフィニティ(Axi
仮想空間の区画を1億6000万円で売却、NFT取引で過去最高
·

コインチェックは国内初のEnjin Coinを上場発表!NFTマーケットプレイス事業での連携も開始

19日に、仮想通貨取引所コインチェックの発表によると、Enjin Coin(ENJ)が取り扱われる予定することが明らかにした。国内で初めての取扱い開始日時は2020年1月26日の12時頃だという。
コインチェックは国内初のEnjin Coinを上場発表!NFTマーケットプレイス事業での連携も開始
·

NFTがチャリティーで利用される初事例!EnjinがKizuna hubと提携発表

情報によると、NFTを活用したゲームプラットフォームを提供しているシンガポール企業Enjinが、Kizuna hubを運営する日本企業グラコネと提携したことを明らかにした。このパートナーシップにより、来月からNFTを活用して寄付を募るチャリティープロジェクトの実施することを目指しているという。
NFTがチャリティーで利用される初事例!EnjinがKizuna hubと提携発表
·

仏Sorare、サッカー名門クラブレアル・マドリード選手のNFT販売へ

サッカーのオンラインゲームプラットフォームSorare社がレアル・マドリードとの提携を発表した。スター選手のDFセルヒオ・ラモスやMFルカ・モドリッチなどを含むバンドルが約125万円で落札されるなど注目を集めている。
仏Sorare、サッカー名門クラブレアル・マドリード選手のNFT販売へ
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android