OCC

暂无详细介绍

·

米OCCは銀行のステーブルコインを発行許可したが、JPMコインへ影響を与えない!

前回の報道によると、米通貨監督庁(OCC)は銀行がステーブルコインの使用に認められることが分かった。これに対して、JPモルガンCEOのジェイミー・デイモン氏とCFOのジェニファー・ピープザック氏が、同社のJPMコイン開発に影響を与えないと声明した。
米OCCは銀行のステーブルコインを発行許可したが、JPMコインへ影響を与えない!
·

OCCの代理長官Brian Brooks氏は退任発表!仮想通貨業界に好意的な人物と知られ

最新情報筋によると、14日に、仮想通貨取引所Coinbaseの元幹部であり、米国通貨監督庁(OCC)の代理長官Brian Brooks氏は退任することを明らかにした。
OCCの代理長官Brian Brooks氏は退任発表!仮想通貨業界に好意的な人物と知られ
·

米国OCC長官代理:DeFiは危険な車で、銀行規制を再構築することが必要だ

12日に、米国通貨監督庁(OCC)のBrian Brooks長官代理はフィナンシャル・タイムズに掲載されたオピニオン欄で、分散型金融(DeFi)を言及し、銀行規制を再構築する必要性を強調した。
米国OCC長官代理:DeFiは危険な車で、銀行規制を再構築することが必要だ
·

銀行は独自のステーブルコインを発行可能?米通貨監督庁はステーブルコインの導入を認めた

4日に、米通貨監督庁(OCC)は銀行がステーブルコインの使用に認められることを解釈書で公開した。この動きは仮想通貨業界に大きな話題になった。
銀行は独自のステーブルコインを発行可能?米通貨監督庁はステーブルコインの導入を認めた
·

大手仮想通貨決済企業BitPay、仮想通貨国法銀行の設立を米通貨監督庁に申請へ

米大手仮想通貨決済企業BitPayが、同社が連邦政府に規制される国法銀行を設立することが計画している申請書を米通貨監督庁(OCC)に提出した。米通貨監督庁の新方針の恩恵を受けた動きと考えられる。
大手仮想通貨決済企業BitPay、仮想通貨国法銀行の設立を米通貨監督庁に申請へ
·

米OCCのBrooks氏:規制当局は、ビットコインを禁止するつもりはないと断言

先日のCNBCの金融番組で、米通貨監督庁(OCC)の代理長官であるBrian Brooks氏は、トラン大統領の任期が終了する前に、財務省などの規制当局はビットコインを禁止する方針はないという見解を示した。同氏が仮想通貨取引所コインベースの最高法務責任者を務めたことがある。
米OCCのBrooks氏:規制当局は、ビットコインを禁止するつもりはないと断言
·

米OCC:銀行に仮想通貨に関するサービスを提供するように呼びかけ

11月22日の報道によると、米通貨監督庁(OCC)が、米貯蓄貸付組合および全国の貯蓄銀行に対し、仮想通貨業界に関連する金融サービスを提供するようと提案したことが分かった。
米OCC:銀行に仮想通貨に関するサービスを提供するように呼びかけ
·

仮想通貨推進派であるブルックス氏がOCC長官と指名され、業界は大期待を示す

17日に、ドナルド・トランプ大統領は、仮想通貨やブロックチェーン推進派で知られるブライアン・ブルックス氏を正式にOCC第32代長官として指名した。
仮想通貨推進派であるブルックス氏がOCC長官と指名され、業界は大期待を示す
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android