P2P

暂无详细介绍

·

仮想通貨取引所Binance、アフリカでP2Pプラットフォームを立ち上げ

27日に大手仮想通貨取引所Binanceは、自社のTwitterで同社のP2PプラットフォームであるバイナンスP2Pがアフリカに立ち上げるという内容の記事を投稿した。この前Binanceは、ウガンダの子会社を閉鎖したことがマスコミに報じられた。
仮想通貨取引所Binance、アフリカでP2Pプラットフォームを立ち上げ
·

P2P取引プラットフォームPaxful、米国ユーザー向けにVisaデビットカードをローチン

暗号資産のP2P取引(ピアツーピア)を提供するプラットフォームPaxfulは、米国ユーザー向けにVisaデビットカードをローチンしたことが分かった。
P2P取引プラットフォームPaxful、米国ユーザー向けにVisaデビットカードをローチン
·

投資P2PプラットフォームAbraのCEO、ポートフォリオの50%がビットコイン投資に変更理由が判明

暗号資産(仮想通貨)P2Pプラットフォーム「Abra(アブラ)」のCEOであるBill Barhydt氏がビットコイン(BTC)の保有額を大幅に増やしたと明らかにした。
投資P2PプラットフォームAbraのCEO、ポートフォリオの50%がビットコイン投資に変更理由が判明
·

P2P取引所パックスフル、取引の半分がギフトカードとビットコインの交換

仮想通貨(暗号資産)分析企業のアーケイン・リサーチの調査によると、ビットコイン(BTC)のP2P取引所であるパックスフル(Paxful)の取引量のほとんどはビットコインとギフトカード間の取引によるものであることがわかった。
P2P取引所パックスフル、取引の半分がギフトカードとビットコインの交換
·

中東・アフリカでの仮想通貨P2P取引、政治的な不安定性とネットのインフラ不足が足かせに

アーケイン・リサーチが公開したデータは、中東でのピアツーピア(P2P)仮想通貨取引プラットフォームの需要にもかかわらず、インフラの欠如と規制により、採用が遅れていることを示唆している。
中東・アフリカでの仮想通貨P2P取引、政治的な不安定性とネットのインフラ不足が足かせに
·

入出金停止の暗号資産取引所OKEx、21日夜より法定通貨のP2P取引を再開へ

仮想通貨(暗号資産)の入出金を停止している暗号資産取引所OKExは21日に、中国人民元、ベトナムドン、インドルピーなどの法定通貨のP2P取引を10月21日夜9時から再開すると発表した。
入出金停止の暗号資産取引所OKEx、21日夜より法定通貨のP2P取引を再開へ
·

NY連銀レポートより、パンデミックでP2Pデジタル決済の発展は拡大している

ニューヨーク連銀が発表した新しいレポートによると、新型コロナウィルスの感染拡大が、消費者の決済手段の選択に変化をもたらすきっかけとなっていたことがわかった。特に、景気後退を下支えするための給付金の支給は、P2P決済アプリの普及を促したようだ。
NY連銀レポートより、パンデミックでP2Pデジタル決済の発展は拡大している
·

BINANCE:P2P取引所サービスがWEB経由の広告投稿をサポートすると発表

2020年9月23日に、暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)は、同社が提供しているピアツーピア(P2P)の暗号資産取引所サービスBinance P2」がWEB経由の広告投稿をサポートしたことを発表しました。
BINANCE:P2P取引所サービスがWEB経由の広告投稿をサポートすると発表
·

仮想通貨銀行Ziglu:EMIのライセンスを取得し、法定通貨と暗号通貨のP2P支払う開始

9月7日に、イギリスの仮想通貨銀行Zigluは、英国金融行動監督庁(FCA)から電子マネー機関(EMI)のライセンスを取得したと発表した。 同時に、Zigluは、法定通貨と暗号通貨の両方を取り扱うが開始したことも明らかにした。
仮想通貨銀行Ziglu:EMIのライセンスを取得し、法定通貨と暗号通貨のP2P支払う開始
·

仮想通貨取引所バイナンス:仮想通貨P2P取引「ウェブサイト」でも提供開始

仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は、2020年2月28日に同社が提供している仮想通貨のピアツーピア(P2P)取引サービスがウェブサイトでも利用できるようになったことを発表しました。
仮想通貨取引所バイナンス:仮想通貨P2P取引「ウェブサイト」でも提供開始
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android