PoS

暂无详细介绍

·

取引所トークンとPoS関連資産が好調:ゴールドマン・サックス

取引所トークンとプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ブロックチェーンに関連した暗号資産は2019年末以降、多くの暗号資産を上回っている。一方、プライバシー保護を重 ...
取引所トークンとPoS関連資産が好調:ゴールドマン・サックス
·

イーサリアム、12日連続上昇──「ロンドン」への期待後押し

イーサリアム(ETH)は連日の上昇記録が続きそうだ。供給量の増加を大幅に抑えることにつながるアップデートが予定されているためだ。 コインベース(Coinbase ...
イーサリアム、12日連続上昇──「ロンドン」への期待後押し
·

イーサリアムの大型アップデート「ロンドン」、8月4日実施へ

イーサリアムブロックチェーンの大型アップデート「ロンドン」は8月4日13時(協定世界時/UTC)〜17時の間に、ブロックが1296万5000に達したときに実施さ ...
イーサリアムの大型アップデート「ロンドン」、8月4日実施へ
·

ビットコインも使うプルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは──GWに学ぶ暗号資産の基本

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)をはじめとする多くの暗号資産(仮想通貨)の安全性を確保するアルゴリズム。 ほとんどのデジタル通貨には中央組織や管理者が存在し、全ユーザーとその保有資金を把握しているが、ビットコインにはそうした中央管理者は存在しない。プルーフ・オブ・ワークは、運用を管理する企業や政府を必要とせずに暗号資産を機能させるために必要なものだ
ビットコインも使うプルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは──GWに学ぶ暗号資産の基本
·

NEM、企業向けPoSチェーンのローンチが遅延

暗号資産「ネム(NEM:New Economy Movement)」の開発などを支援するネムグループ(NEM Group)は、新しい企業(エンタープライズ)向けブロックチェーン「シンボル(Symbol)」の開始日を遅延させた。一部に不具合が見つかった。 シンボルは、独自のトークン「XYM」を持つプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ブロックチェーン。ネムグループはフィンテックからサプライチェーンまで、
NEM、企業向けPoSチェーンのローンチが遅延
·

イーサリアム2.0、ステーキングのリスクと報酬

イーサリアム2.0がスタートした。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)メカニズムを搭載した新たなブロックチェーンは、現在のイーサリアムブロックチェーンよりも数倍の効率性、拡張性、安全性を持つと言われている。 イーサリアム2.0が完全にスタートするまでにはまだ数年かかるとされている。
イーサリアム2.0、ステーキングのリスクと報酬
·
·

Vitalik氏:PoSが万能ではないと発言して、Zinkenテストネットが無事ローンチ

13日に、イーサリアム設立者Vitalik氏はツイッターの回復で、ETH2.0をあきらめる場合になれば、きっと公に認めると発言した。また、Zinkenテストネットが無事ローンチした。
Vitalik氏:PoSが万能ではないと発言して、Zinkenテストネットが無事ローンチ
·

Flare Networksの創設者:POSの欠点と指摘し、セキュリティへ影響か?

Flare Networksの創設者Hugo Philion氏はインタビューで、イーサリアムネットワークのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)について言及した。同氏によれば、PoSは素晴らしいが、いくつかの課題も解決する必要があると述べた。
Flare Networksの創設者:POSの欠点と指摘し、セキュリティへ影響か?
·

GMOコイン:国内初取引所サービスにPost-OnlyとFOK導入

暗号資産取引所「GMOコイン」は2020年9月2日に、同社が提供している暗号資産の現物取引・レバレッジ取引サービスで、日本国内では初めてとなる「Post-Only」と「FOK(Fill or Kill)」の機能を追加したことを発表しました。
GMOコイン:国内初取引所サービスにPost-OnlyとFOK導入
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android